スマホだけでストックイラスト投稿!スマホで色塗りしよう編

てらこった
はいたい、てらこったです!🐸✨

前回の記事では、紙に描いたイラストをスマホに取り込むまでをしました。

今回は、ラストアプリを使ってその線画に色を塗っていきましょう!

初めて使う人にはちょっと難しいかもしれませんが、一緒に頑張っていきましょう!

 

1.メニューバーの説明

色塗りを始める前に、一度下にあるメニューバーについて説明をしたいと思います。

全てのボタンは、もう一度タッチする事で閉じることができます

だいたいの使い方は分かるよ!という方は、目次より「イラストストックデータの保存方法と注意点」まで飛んでください😉

 

①ツールバー(ブラシやバケツ、消しゴムなどのツールを選択することができます)

各ツールの使い方については、後で詳しく説明いたします。

また、左の赤い点線をタッチすると、ブラシと消しゴムを入れ替える事が出来ます。

間違えた時にいちいちツールバーを開かなくていいので便利ですね。

 

②選択しているツールの詳細設定

この画像では、ブラシツールの詳細設定が表示されています。ブラシの大きさや種類も選べます。

 

③カラーの詳細設定

周りの〇で色相を選び、真ん中の◇で彩度と明度が選べます。

また、下のバーで不透明度も調整することができます。

 

④メニューバーの表示/非表示

たまに、あれ?ツールバーをタッチしても表示されない!と焦る時があります。

そういう時は、メニューバーが非表示になっている可能性があるので、ここをタッチすると表示されます。

 

⑤レイヤー

後で詳しく説明いたします。

 

⑥設定・透過PNG保存・マイギャラリーに戻る

間違えた時の戻すボタンとよく間違えがちなボタンです。

「透過PNG保存」はここからしか出来ないので注意してください。

 

2.レイヤー画面の説明

レイヤーってなに?という人のために、簡単に説明していきたいと思います。

分かるよー!という人は次の章も分かると思いますので、「イラストストックデータの保存方法と注意点」まで飛ばしてくださいね😉

レイヤーとはの説明をみる

レイヤーとは

簡単に説明すると、レイヤーとはイラストを描くキャンパスの層の事です。ミルフィーユみたいに、薄い層がたくさん重なって1つのイラストが出来ています。

上にあるレイヤーの方が手前に表示されるので、重なっている部分があると下にあるレイヤーは描かれていても見えなくなります。

ブラシで線を描いても見えないよ?なんで?という時は、レイヤーを確認してみてください!

レイヤー画面使い方の説明をみる

レイヤー画面の使い方

初めての方には、「レイヤー」が一番の謎ポイントだと思います。

よく使うレイヤー画面のボタンの説明を書いておきますので、分からなくなったらいつでもここを見てくださいね!😆

①1つ戻す

このボタンを押すと、行った行動を1つ戻すことができます。数回押すと、数回分戻ります。

設定ボタンの「←」と間違えないようにしましょう。

 

②新規レイヤーの追加

このボタンをタッチすると、レイヤーを1つ増やすことが出来ます。

線画レイヤーと色塗りレイヤーを同じにしてしまうと、間違えた時に消しゴムで消すことが難しくなってしまいます。

色を塗るレイヤーは、線画のレイヤーとは分けて作りましょう

 

③画像の読み込み

前回の記事で使ったボタンです。ここから、写真の線を簡単にイラストアプリに取り込むことが出来ます。

 

④表示/非表示

選択しているレイヤーの表示/非表示が選べます。

非表示にしているレイヤーは、データで保存した際も見えないまま保存されます。

 

⑤クリア

選択しているレイヤーに描かれている全てを一瞬で消すことができます。

 

⑥移動/拡大・縮小/回転

選択しているレイヤーの大きさを変えたり、動かしたりできます。

 

⑦レイヤーの上下

「三」をタッチしたまま上下に動かすことで、レイヤーを上下に移動させることが出来ます。

上にある方が手前に表示されます。

 

⑧レイヤーの削除

選択しているレイヤーを削除する事ができます。

3.ツールバーの説明

ここでは、これだけ知ってたら絵が色が塗れる4つのツールについて説明していきます。

塗りつぶしやスポイトは覚えたらとても時短できるツールなので、ぜひ覚えていきましょう!✨

ブラシツール

ブラシツールの使い方をみる

ツールバーから「ブラシ」をタッチします。もちろん、「ブラシとペン切り替えボタン」をタッチしても使えます。

好きな色とブラシの形・太さを選んで、色を塗ってみましょう。「ペン(ハード)」がしっかりと塗れておすすめです!

塗るレイヤーは、線画のレイヤーとは別にしてくださいね。

消しゴムツール

消しゴムツールの使い方をみる

ツールバーから「消しゴム」をタッチします。もちろん、「ブラシとペン切り替えボタン」をタッチしても使えます。

好きな形・太さを選んで、間違った部分を消してみましょう。こちらも、「ペン(ハード)」がしっかりと消せておすすめです!

線画と色塗りのレイヤーを一緒にしてしまっていると、「はみ出したところ消すぞー」と消しゴムを使ってしまうと、

「あー!線まで消えちゃった😭!」となってしまうので注意してください!

塗りつぶしツール

塗りつぶしツールの使い方をみる

ツールバーから「塗りつぶし」をタッチします。色々設定ができますが、特に何もいじらないでOKです。

好きな色を選んで、線で囲まれた場所をぽちっとタッチしてみてください。

囲まれた場所が一瞬で塗れました!なんて画期的!✨

 

線が途切れていると、他の部分にも色を塗ってしまいます。そういう時は、ブラシで一度枠を作ってから、塗りつぶしで塗りましょう

スポイトツール

スポイトツールの使い方をみる

ツールバーから「スポイト」をタッチします。スポイトは、画面上で一度使っている色と同じ色をもう一度使いたい時に使います。

使いたい色をタッチすると、そのカラーを選ぶことが出来ます。

 

4.イラストストックデータの保存方法と注意点

色塗りお疲れ様です!さっそく、完成したイラストをデータとして保存していきましょう😆

✔塗り忘れはありませんか?

背景が白色のため、白の部分の色塗りを忘れてしまう場合があります。JPEGは全て白くなるので良いですが、PNGでは透明になってしまいます。

画像の中に塗り忘れがあるとリジェクト(投稿し直し)になってしまいますので、しっかりとチェックしましょう。

背景(一番下)に、濃ゆい色で塗りつぶしたレイヤーを作る事で、塗り忘れを防ぐことができます!✨

 

透過PNG・JPEGデータで保存しよう

塗り忘れが無いことを確認出来たら、「←」➡「透過PNG保存」をタッチします。これで、PNGデータの保存が完成しました。

次に「<マイギャラリーに戻る」をタッチし、「:」➡「画像を保存(JPEG)」ををタッチします。これで、JPEGデータの保存が完成しました。

ただの「PNG保存」や「画像を保存(PNG)」では、背景が透過しているPNGデータにならないので注意してください!

 

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?可愛く色塗りできましたか?

この方法を覚えたら、紙とペンとスマホさえあればどこでもイラストが描き放題ですね🥰♪

てらこった

次の記事では、今回作った画像を実際に投稿サイトへ投稿するまでを書いています。

もう少しでストックイラストレビューできるので、一緒に頑張りましょう~!🐸✨